河井は怒っている。

こう書くと,「labで何かあったんですか?」と聞かれそうだが,全統マークも帰ってきて,指定校も1件内定していいことしかない。

では何に怒っているのかというと,今の高校の理科教育。

これまでも,そして今もlab含めて色々な機会と現場で教えているけど,ちゃんと「学校で教科書内容教わってる?」と言いたいことが山ほどある。

「こういう理屈でこの式になるんだよ」とか話しても「初めて聞いた」とか,「結果だけ覚えろ」とか挙句「アクティブラーニングだから授業はしない!(ドヤ)」とか。

そんなんばっか。

いや,ちょっと待ってくださいよ。

確かに,大学で学ぶ理論を持ち出さないと説明できないこともあるし,過去の科学者の発見という形でまとめなきゃならないときもあるけど,もっとちゃんと教えましょうよ。例題しかしない授業,覚えることだけ言う授業,そんなので理工学とか志すヤツが出るの?

自慢じゃないけど,自分の授業で化学が面白いから,とか,やりたいことが見えてきた,と言ってサイエンスに関わる進路を固めていった教え子がいるのは本気の自慢だよ。

その夢を叶えるそのための根っこのとこから話せる,それでいてちゃんと入試に対応する術も身につける。

そんな授業ができるからこそ,博士の自分がサイエンスの裾野を拡げながら教える,それが自分が化学に携わる道であり,宿命なんだと最近つとに思う。

それは化学だけでなく,物理もそう,数学もそう。ただできるだけでなく,ちゃんとした学びとして身につけさせる,それがlabの意味。