だんじりファイターに捧ぐ

「河井先生!お久しぶりです!」

と飛び込んできたのはかつて僕が教えていた生徒。

kawaiラボができて、晴れてご近所さんになったのだ。

「だんじりの寄付集めお願いできます?」

そう、kawaiラボのある大阪南部は祭りといえばだんじりなのだ。

なんだかんだいって、

「えぇい、顔立てて1枚持ってけ!」

となったわけである。

これでちょっとは地域の仲間入り、できたかな?


kawaiは鈍器を装備した!

これ、本当に敵を倒せるほどの立派な鈍器なんです。

硬くて、ゴツくて、そして手に馴染む…。

この子です。

ちょっと水のペットボトルと比べてみました。

2Lのペットボトルよりちょっと細いくらいで自立します(笑)

ね、立派な凶器でしょ?

中身もなかなか。

僕の専門の有機化学の、最新のテキストです。

1300ページ余り。しかも英語(輸入だから当たり前か)

理系はこれと付き合い切るだけのパワーが求められるのよ。

でも、ちょっと出講先で見せて、中身見てみたいという子たちがいてうれしい。

これを読み切れる、そして活かせるように育って欲しい。

鈍器を携え、頭の武器に変えていこうな。


お絵描きしないヤツに人権はない

「絵も描いてないのに教えることなんかないよ」

「図、描いてから出直してこいよ!」

塾でのやり取りとは思えませんよね。

でもお絵描きって大事なんですよ。

問題文から状況を書き起こしてやるべきことが自然と湧き上がる。

そのための大事な一手間。

それをしないなんて思考放棄、ラボでは許されない。

問題文を何度も読むより一回読んで図に起こせば楽チン。

絵下手塾講師の河井が犬の絵書いたら惨劇。

↓くらいしか描けない僕でも

数学なんかの図を描けば

これくらいは描きます。

描くの下手でも、そのうち上手くなりますから。

では皆さま、ご唱和ください。

「お絵描きしないヤツに人権はない!」


本日の授業、負傷者1名(笑)

って、基本的に僕のことなんですけどwww

机の端に足ぶつけたり、ちょっとした溝でこけたり、ホワイトボードの1番下のトレイで腰を強打したり、ホワイトボードの脚につまづいたり。

どんくさいんですよねwww

「化学とか数学なかったら社会で生きれねぇわwww」って感じるくらい。

Ph.Dもってて、1番の専門の化学だけでなく数学、物理果てに英語(昔は国語もやってましたが、助けがあるので辞めてますw)見てます、というとどうも立派に思われ過ぎる。

昔は肩肘張ってたので、もっとちゃんとしようと思ってたけどね。でも、人としての隙を全部消したらなんかシンドイかなって思って辞めちゃった。

生活人としてはどんくさいままだけも、塾屋としてはがっちり、そんなまま行こう。


理学博士が化学を教える意味

河井は怒っている。

こう書くと,「labで何かあったんですか?」と聞かれそうだが,全統マークも帰ってきて,指定校も1件内定していいことしかない。

では何に怒っているのかというと,今の高校の理科教育。

これまでも,そして今もlab含めて色々な機会と現場で教えているけど,ちゃんと「学校で教科書内容教わってる?」と言いたいことが山ほどある。

「こういう理屈でこの式になるんだよ」とか話しても「初めて聞いた」とか,「結果だけ覚えろ」とか挙句「アクティブラーニングだから授業はしない!(ドヤ)」とか。

そんなんばっか。

いや,ちょっと待ってくださいよ。

確かに,大学で学ぶ理論を持ち出さないと説明できないこともあるし,過去の科学者の発見という形でまとめなきゃならないときもあるけど,もっとちゃんと教えましょうよ。例題しかしない授業,覚えることだけ言う授業,そんなので理工学とか志すヤツが出るの?

自慢じゃないけど,自分の授業で化学が面白いから,とか,やりたいことが見えてきた,と言ってサイエンスに関わる進路を固めていった教え子がいるのは本気の自慢だよ。

その夢を叶えるそのための根っこのとこから話せる,それでいてちゃんと入試に対応する術も身につける。

そんな授業ができるからこそ,博士の自分がサイエンスの裾野を拡げながら教える,それが自分が化学に携わる道であり,宿命なんだと最近つとに思う。

それは化学だけでなく,物理もそう,数学もそう。ただできるだけでなく,ちゃんとした学びとして身につけさせる,それがlabの意味。


進研マーク模試の結果より

kawaiラボ 主宰の河井です。今日は思いっきり自慢と宣伝です(笑)

6月に行われた進研マーク模試の結果で,化学の偏差値が70を超える結果を出してくれました。数学もそこそこできるようになってきました。この子は高校入試の時には私が国語を教えていたのですが,高校入学後も着実に勉強を重ね,高2からは化学を私が教えてきました。もちろん,まだまだ鍛えるところは他の科目含めありますが,1つ化学を武器にしていけるというのは大きなことだと思います。

中堅公立高校からでも3年間,着実に鍛えていけばこれくらい取れるという,そういうロールモデルにもなると思います。あと半年強の仕上げ,引っ張る側の責任重大ですね。


大学受験kawaiラボ 主宰の進路指導実績

大学受験kawaiラボ 主宰の河井です。

自分の自慢話のように書くのはあまり得意ではないのですが,初めましての方も当然多くいらっしゃると思います。そのような方が塾探しをしているときに一番気にするだろうことの1つが進路指導実績だと思います。

思えば18歳で初めて家庭教師をして以来,約20年,大学受験指導に関わってきました。特にこの約10年近くは家庭教師から塾へと場を移し,多くの生徒の頑張りに恵まれ,進路実績,授業,フォローへの評価を頂くことができて,そして今があると思っています。

その歴代の生徒たちの頑張りを進路実績としてここに紹介することで,次にkawaiラボで頑張ろう,kawaiラボに預けたいと思って頂ければ幸いです。

<国公立大学>
京都大学,大阪大学,名古屋大学,神戸大学,大阪市立大学(医学部医学科含む),大阪府立大学,旭川医科大学(医学科),三重大学(医学部医学科含む),大阪教育大学,奈良教育大学,奈良女子大学,京都工芸繊維大学,和歌山大学,和歌山県立医科大学(看護),滋賀県立大学,山口大学(共同獣医学部),東京農工大学,信州大学,埼玉大学,兵庫県立大学,弘前大学,福井大学,富山県立大学,都留文科大学,九州工業大学,宮崎大学,岡山県立大学

<私立大学>
早稲田大学,同志社大学,自治医科大学,大阪医科大学(医学科),防衛医科大学,関西学院大学,立命館大学,関西大学,京都産業大学,近畿大学(医学部医学科,薬学部含む),甲南大学,龍谷大学,畿央大学,大阪工業大学,同志社女子大学(薬学部含む),京都薬科大学,京都女子大学,武庫川女子大学(薬学部含む),東京薬科大学,甲南女子大学,大和大学,関西外国語大学,立命館アジア太平洋大学,関西医療大学,大阪大谷大学(薬学部),名古屋外国語大学,東京農業大学,摂南大学,桃山学院大学,追手門学院大学,神戸学院大学,大阪樟蔭女子大学,神戸女子大学,佛教大学,帝塚山大学,帝塚山学院大学,大阪電気通信大学,奈良学園大学,大阪学院大学,酪農学園大学(獣医),奈良学園大学,兵庫医療大(薬学部),姫路独協大学(薬学部),藍野大学,宝塚大学,ハンガリー国立大学(医学科)


化学の知識講座(無機→有機→高分子)

こんにちは,kawaiラボ 主宰の河井です。

kawaiラボでは水曜日の夜19:20〜20:20で無機化学講座で知識の習得を図っています。

化学基礎の原子の構造や結合,周期表からはじめて酸・塩基の反応や酸化還元反応の基礎を捉えることと進み,先週は水素,希ガス,ハロゲンとお話を進めていきました。今週は酸素・硫黄の16族元素,窒素・リンの15族元素とお話を進め,夏の第2回全統マーク模試までに典型金属元素,遷移金属元素,金属イオンの分離と推定まで進めていきたいと思います。

第2回全統マーク模試以降,有機化学,高分子化学とお話を進めていき,センターでも5割以上を占め,二次・私大でも3割〜5割ほどは占める出題範囲の基礎知識を定着させていきたいと考えています。

興味のある方はぜひ,kawaiラボにお問い合わせいただければと思います。


ブログ始めました

はじめまして,kawaiラボ 主宰の河井です。

2019年3月22日に「大学受験kawaiラボ」として,高石市羽衣(南海本線 羽衣駅すぐ)に教室を開きました。

このブログではkawaiラボの日々の風景やお知らせ,進路に関するあれこれなどを発信していければと思います。

これから,よろしくお願いいたします。

大学受験kawaiラボ 主宰 河井 昌裕